HOME > 書籍・雑誌・論文等の執筆 > 顧客情報活用の知恵

書籍・雑誌・論文等の執筆

顧客情報活用の知恵


<目次>

1章 ファンづくりのためのワンツーワン商売

1-1 ワンツーワン商売は経営のあり方
1-2 ワンツーワン商売を導入しよう


2章 ワンツーワン商売と情報技術

2-1 LSMによる位置づけ
2-2 LSMセグメント別情報活用方法
2-3 作っただけで終わらせないために


3章 ワンツーワン商売 成功事例集

事例01 三晃商店 <豊富な品揃えで、顧客をがっちり確保>
事例02 バイオテックス <生命快適商品で固定客との信頼関係づくり>
事例03 神戸靴工房 <自己主張できるお客様の夢の靴を実現>
事例04 五十鈴園 <対面販売の強化で売上を向上>
事例05 慈恩精舎 <明確な商品コンセプト提示で良好な顧客関係を維持>
事例06 安達太陽堂 <情報技術に勝る行動力で地域一番店>
事例07 ヘアサロン大野 <徹底したサービスで顧客固定化・単価アップを図る>
事例08 衆楽館 <対面販売をウェブ上で実現し、新たな販路を開拓>
事例09 伊藤板金工業 <高度な生産管理力で、取引先との信頼関係を築く>
事例10 賃貸アラカルト <地域情報に特化して新たな顧客を開拓する>
事例11 松浦産業 <同業ネットワークで、顧客満足度向上を図る>
事例12 瑠璃長 <店舗コンセプトの明確化で顧客の固定化>
事例13 京屋宝飾店 <海外宝飾情報の先取り発信で顧客の創造>
事例14 AKANOREN <お客様一人ひとりの顔を創造して商品仕入れ>
事例15 森下和洋家具 <既存資源活用によるローコストナシステム構築>


4章 最新情報技術の活用事例

4-1 商品のカスタマイズにより顧客をつくる
4-2 顧客データベースを効果的に使う
4-3 インターネットの双方向性を活かす
4-4 最新のIT(情報技術)を駆使し、顧客を引きつける

資料編

1 マーケティングパラダイムの変化
2 ワンツーワンマーケティングのポイント
3 中小企業基本法の改正を踏まえた中小企業の強み
4 キーワード集


back