HOME > 書籍・雑誌・論文等の執筆 > 図解でわかるソフトウェア開発の全て

書籍・雑誌・論文等の執筆

図解でわかるソフトウェア開発の全て


<目次>

1章 ソフトウェアエンジニアリングとは何か

1-1 ソフトウェアとは
1-2 コンピュータとソフトウェアの歴史
1-3 種々のソフトウェア
1-4 ソフトウェアの開発
1-5 ソフトウェアエンジニアリングとソフトウェア開発

<コーヒーブレイク>
ソフトウェアで特許が取れるのを知っていますか?


2章 ソフトウェアはどのように作られるのか

2-1 ソフトウェア開発のプロセスモデル
2-2 ウォーターフォール・モデル
2-3 さまざまなプロセスモデル
2-4 どのプロセスモデルを選べばよいのか

<コーヒーブレイク>
かけだしSEの思い出


3章 まずは開発計画から

3-1 プロジェクト計画と管理の重要性
3-2 プロジェクト計画の概要
3-3 計画作成の要点
3-4 ソフトウェア見積り技法
3-5 プロジェクト管理の要点

<コーヒーブレイク>
ソフトウェア開発を歴史に学ぶ


4章 構造化手法による分析・設計・プログラミング

4-1 構造化手法の開発プロセス
4-2 分析工程とは
4-3 構造化分析手法
4-4 設計工程とは
4-5 構造化設計手法
4-6 プログラミング工程とは
4-7 構造化プログラミング

<コーヒーブレイク>
インターネット遠隔学習(WBT)


5章 オブジェクト指向による分析・設計・プログラミング

5-1 オブジェクト指向とは
5-2 モデリングとは
5-3 オブジェクト指向でのモノ作り
5-4 目的と利点
5-5 オブジェクト指向技術の主な動向

<コーヒーブレイク>
エンジニアの倫理感


6章 最近のプログラミング環境(さかやん担当章)

6-1 統合プログラミング環境
6-2 Windows時代のプログラミング
6-3 EUC環境の進展
6-4 Webプログラミング
6-5 Java新時代

<コーヒーブレイク>
プログラマの本音


7章 ソフトウェアの品質と開発工程

7-1 ソフトウェアの品質とは
7-2 ソフトウェア品質の考え方
7-3 設計レビュー
7-4 テスト工程
7-5 テスト技法
7-6 テスト工程の実際
7-7 品質向上のための取組み

<コーヒーブレイク>
イースターエッグ


8章 ソフトウェアエンジニアリングの展開

8-1 作りっぱなしにできない-保守のプロセス
8-2 構造化手法を適用する
8-3 オブジェクト指向手法を適用する
8-4 ソフトウェアは「開発」しない
8-5 ソフトウェアパッケージによるシステム開発
8-6 最近の標準化動向
8-7 ソフトウェア開発を成功に導くには

<コーヒーブレイク>
情報処理の資格をとろう


back