HOME > 書籍・雑誌・論文等の執筆 > P2Pイノベーションの全て

書籍・雑誌・論文等の執筆

P2Pイノベーションの全て

平成14年1月出版 日本実業出版社 著者:坂田岳史(単著)


<目次>

序章 21世紀のネットワーク社会を展望する

1 ビジネスシーンで
2 旅先でのシーン
3 家庭でのシーン
4 再びビジネスシーン

第1章 P2P(PtoP)とは何か

1.1 P2P(PtoP)の源流
1 IT革命がもたらしたもの
2 P2P(PtoP)とは
3 P2P(PtoP)の本質

1.2 P2P(PtoP)の動向と意義
1 P2P(PtoP)誕生の経緯と役割
2 ナップスターの子孫たち
3 P2P(PtoP)の可能性

1.3 P2P(PtoP)のしくみ
1 ナップスターのしくみ
2 グヌーテラのしくみ

1.4 これからのネット社会
1 ユビキタスという言葉
2 ネットワークチェーン
3 ユビキタスの先
column
ピアアセスメント
P2P(PtoP)の動向
音楽配信ビジネス
ウルトラ警備隊に「いま」を見る

第2章 ネット社会を支えるインフラ

2.1 ブロードバンドとは
1 xDSLサービス
2 CATV(ケーブルテレビ)
3 無線アクセスサービス
4 FTTHサービス

2.2 モバイル・ネットワークインフラ
1 次世代携帯電話(IMT-2000)
2 通信料金の壁
3 情報端末
4 ネットワーク技術

2.3 情報家電

column
夢が広がる無線通信
ブロードバンドで楽しもう
ラップクラッシュ
古くて新しいビジネスモデル
P2P(PtoP)と同窓会
M2M

第3章 「P2P(PtoP)ビジネスモデル」の創造

3.1 音楽配信サービス
1 配信技術
2 変わる音楽ライフ
3 P2P(PtoP)の活用

3.2 Web検索サービス
1 個人情報の価値
2 Webの限界
3 P2Pによる検索サービス

3.3 分散処理サービス
1 サーバー型ビジネス
2 P2P(PtoP)による分散処理

3.4 モバイルサービス
1 未知との出会い
2 モバイルP2P(PtoP)開発環境
3 「いつでも」「どこでも」「だれとでも」

3.5 エージェントサービス
1 エージェントの活用
2 XMLによる情報の標準化

3.6 コラボレーション
1 3人寄れば文殊の知恵
2 自由な環境

column
オプトイン・ミュージック
京都の穴場
HTMLのタイトル
P2Pと元気玉
データと情報
P2P(PtoP)とエントロピー

第4章 Web技術とP2P(PtoP)

4.1 Web技術
WebサーバーOS
マークアップ言語(SGML、HTML、XML、WML)
開発言語など(CGI、Parl、Java)
データベース
Webで活躍するサーバー

4.2 ブルートゥース
ブルートゥースとは
ブルートゥースの規格
ブルートゥースのセキュリティ

4.3 セキュリティインフラ
電子商取引のリスク
暗号化方式
PKI
電子透かし

4.4 動画配信技術
動画ファイルの形式
ストリーミング
再生ソフト

4.5 XML(Extensible Markup Language)
HTMLの限界
新しい文書構造手法
XMLのしくみ

column
青い歯
IPv6
実際に利用されている暗号化技術
CSVとXML

第5章 新たなビジネス展開へ

5.1 P2P(PtoP)とビジネスモデル
1 タイプ1(ネイティブP2P(PtoP))
2 タイプ2(拡張P2P(PtoP))
3 タイプ3(エキサイティングP2P(PtoP))
4 タイプ4(ネイティブビジネスモデル)

5.2 エキサイティングEC
1 消費者の購買行動プロセス
2 購買行動プロセスの高度化

5.3 エキサイティングモバイル
1 バーチャルへの入口
2 エキサイティングな買い物
3 クリック&モルタル

5.4 エキサイティングなもの作り
1 車の両輪
2 内部システム
3 外部とのコミュニケーション

5.5 エキサイティングCRM
1 顧客の進化
2 逆の情報流
3 経営資源の統合

column
京都の市バス
システムの話
ネットショップの市場調査
情報量の増大と「ペガサスフォーム」

第6章 ネット時代の著作権


back