HOME > IT経営コンサルティング > どのように作ればいいか⇒IT導入指導

IT経営コンサルティング

どのように作ればいいか⇒IT導入指導

IT経営を実践するためには、作成したIT化企画を導入する必要があります。IT化企画を実現する方法として、パッケージソフトを使う方法や独自開発する方法があります。最近ではクラウドという言葉に代表される「SaaS形式」のソフトを使う方法もあります。どのような形態が最も自社に合うかを十分検討することが重要です。
さらに、システム導入する場合、RFP(システムの要求仕様書的なもの)を作成し、システムを提供するITベンダーにそれを発行し、システム提案をITベンダーから貰います。この時、複数のITベンダーにRFPを発行し複数の提案を適切に評価することが重要です。

どのITベンダーからシステムを調達(購入)するか決まったら、システム導入プロジェクトを自社に作り、そのプロジェクトを中心に、開発作業などを行います。実際の開発等はITベンダーが行いますが、ユーザーからの要望をまとめて伝えたり、システムの評価やテストをプロジェクトで行います。
無事テストが完了すると、システムの運用に入ります。


■私のご支援内容

システム企画が策定できれば、それをベースにRFP作成のご指導から、RFPを発行するITベンダーの選定、ITベンダーからの提案書評価支援などをさせて頂きます。
また、システム開発フェーズでは、開発プロジェクトの運営指導、設計書レビュー指導、システムテスト・評価指導、検収条件設定指導、システム操作活用教育などをさせて頂き、スムーズなシステム導入をご指導します。

IT経営に関する質問やご相談はこちら

back