HOME > IT経営コンサルティング > 何を作ればいいか⇒IT化企画策定

IT経営コンサルティング

何を作ればいいか⇒IT化企画策定

■IT化企画の策定

自社の強み及び、それを活かすための成功要因が設定できたら、それを実現するためにどのようなITを創ればいいかを考えます。
この場合、納期短縮・厳守であれば生産管理システム(工程進捗管理システム)を導入するでしょう。しかし、IT化企画のポイントはシステム導入に伴う業務改革まで企画することなのです。
成功要因に「タイムリーな工程進捗状況の把握による納期厳守・短縮」とある場合、誰が、どのタイミングで、どのように進捗情報を入力するかを決める必要があります。また、その情報を誰が見て、どのように対処するかも決める必要があります。さらに、進捗(実績)は計画に対するものなので、どのように生産計画を作るかも決める必要があります。このように従来の仕事のやり方が大きく変わるのです。
成功要因を実現するためには、単に生産管理システムを入れればいいというものではなく、しっかり業務改革を伴う必要があります。


■IT化企画の項目

上の例は製造業ですが、業種に関係なくIT化企画は次の項目を十分検討します。

(1)IT化の目的と範囲
(2)現状の業務内容
(3)業務的課題
(4)業務改革内容(現状業務分析と新規業務設定など)
(5)システム機能
(6)IT化の効果
(7)業務改革評価指標(システム系と経営系)
(8)システム運用の体制と役割
(9)概要スケジュール
(10)概算導入費用

このような項目をしっかり検討して作成することが重要です。


■私のご支援内容

上記のIT化企画づくりをご指導します。特に業務改革については、現状業務分析によるムリ・ムダ・ムラを排除した新規業務の設計が重要です。ここでは、業務分析手法や新規業務設計手法など、私の経験から得たノウハウでご指導させて頂きます。

IT経営に関する質問やご相談はこちら

back