HOME > お知らせ > 技能伝承のための「ものづくり技能伝承道場」

お知らせ

技能伝承のための「ものづくり技能伝承道場」

研修会参加のお勧め

少子高齢化を受けて熟年技能者や、それを受け継ぐ若い世代の減少が社会的問題となっています。中小製造業では、優秀な技能者は会社の宝ですが、それを引き継ぐ方法が確立されておらず、技能者の退職により企業の技能力が低下する危険性があります。
本道場では、このような技能を単に個人から個人ではなく、企業としていかに伝承し、マネジメントするかの手法を学んで頂き、自社で実践することを目的としています。
ぜひこの機会に技能伝承の手法を身につけて頂き、企業としての技能・技術の維持、向上にお役立てください。

尚、大阪府主催の研修会は終了しましたが、個別研修会実施もお受けいたします。詳しくは下のリンクをご参照ください。

技能伝承研修会開催について

研修の内容

第1日目 10月20日(土)1月12日(土)
<暗黙値とは何か>
・暗黙値とはなにか、暗黙値を理解するための講義
・暗黙値である技能伝承の意義、設定、伝承者と受け手、伝承計画の作成方法など
・身近な暗黙値についての議論、具体的な技能、技能伝承の問題、課題についてのディスカッション

第2日目 10月27日(土)1月26日(土)
<業務分析方法>
・技能伝承システムづくり、技能伝承計画の概要等
・身近な事例を用いた業務のフロー、分析方法
・伝承する技能の設定方法等

第3日目 11月3日(土)2月2日(土)
<技能の伝承方法>
・半田ごて技能を事例にした、型式値の階層構造化演習
・半田ごて技能を事例にした、暗黙値の階層構造化演習
・階層構造化された型式値及び暗黙値の表現方法の検討

第4日目 11月10日(土)2月9日(土)
<マニュアル化>
・技能伝承計画、業務フロー、業務分析、伝承すべき技能の設定方法等のマニュアル化
・技能者の型式値のマニュアル化(文書、図表の活用法含む)
・技能者の暗黙値のマニュアル化(文章、図表、音声、写真、動画等の活用含む)

第5日目 11月24日(土) 2月23日(土)
<マニュアルの活用方法>
・技能伝承における問題点の解決策としての活用
・マニュアルを活用した人材育成計画の作成方法(マニュアルを活用した現場改善の方法)
・マニュアルを活用した、技能訓練等の方法

■講師
坂田岳史
有限会社ダイコンサルティング代表取締役
中小企業診断士、ITコーディネータ
主に、中堅・中小製造業の業務改革・改善及び、生産管理システム等の導入コンサルティング及び、ITを活用した情報共有、活用指導に従事。

岡原慶高
岡原コンサルティングオフィス代表
中小企業診断士


■定 員 各コース20名
(定員になり次第締め切ります。)
■受講経費 30,000円
(テキスト代、消費税を含みます。)
■会 場 〒578-0984 東大阪市菱江300
大阪府立東大阪高等職業技術専門校
(近鉄けいはんな線荒本駅4番出口より徒歩約5分)
■対 象 自社において技能伝承を実践できる立場にあり、事業主から推薦を受けた方(伝承計画作成、実施、マニュアル作り、教育など全般、経営者層、管理者層、伝承する技能を持つ技能者をかねていても可)
■期 間 10月コース:2007年10月20日(土)〜11月24日(土)全5回
1月コース:2008年 1月12日(土)〜 2月23日(土)全5回
■ 修了証 全カリキュラムの60%以上を受講された方には、大阪府知事からの修了証を発行いたします。
■主催 大阪府

ものづくり技能伝承道場(大阪府の広報HP)

技能伝承に関する研修のお問合せは、以下のURLからお願い申し上げます。

http://www.daiconn.co.jp/form/

back