HOME > ITコンサルティング > IT経営事例(実績) > IT経営事例(大手サービス業):BSCからIT活用へ!

IT経営事例(実績)

IT経営事例(大手サービス業):BSCからIT活用へ!

<支援企業の概要>
(1)業種:サービス業
(2)資本金:1億5000万円
(3)従業員:300名(パート、アルバイト含む)
(4)拠点:本社、拠点全国50箇所
(5)販売形態:直営店でのサービス提供

<経営課題>
従来からサービスを提供してきたが、近年は競合も多く新サービス開発が課題となっている。同社では、サービス開発力はあるが、店舗運営、収益管理などの管理体制に不備なところがある。また、経営層が策定した戦略が末端の従業員まで浸透せず、戦略が的確に実施てきていない。
このようなことから、各店舗毎及び全社的な管理体制と戦略が確実に実行できる仕組みづくりが、経営課題となっている。

<支援期間>
平成17年11月〜平成18年5月
契約形態:プロジェクト契約

<支援の概要>
この企業様には、パターン1の手法少し改良した方法で進めました。
まず経営戦略の確認(既に戦略は策定されている)、戦略を実現するための成功要因の確認(成功要因も策定されている)、事業成功要因の策定(各店舗を統合する事業部単位の成功要因)、事業成功要因実現のためのアクションプラン策定、アクションプラン成否を図る業績評価指標の策定、業績評価指標と収益管理指標とのリンクづけ、これらを支援するIT化企画の作成、という手順で支援中しました。
これら一連のプロセスの中で、BSC(バランススコアカード)の考え方を前面にだし、業績評価指標等を策定し、その指標をシステムを使い管理しています。

コンサルティングのパターン

back